スポンサーリンク 上




【旭川市】キッコーニホン「しょうゆキャンディー」

旭川は醤油を作っているところで、ラーメンにもその醤油が使われていて「醤油ラーメン」が美味しいところでもあります。
北海道で、塩は函館、味噌は札幌、醤油は旭川ということになっています。その醤油を提供しているのが、ここだろうと思われます。

キッコーニホン

ん?聞いたことのある名前ですね。当然のこと。
醤油といえば、「キッコーマン」というイメージが強いですよね。どういうことだろうと、立ち寄ることにしました。

旭川市 キッコーニホン 外観

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

旭川の醤油・キッコーニホンって?

鈴木亀蔵氏は、旭川の最初の入植者でした。明治23年鈴木亀蔵氏は、札幌の人笠原喜助・喜八郎氏兄弟と共同で笠原酒造店を興しました。現在の建物はこの時に建てられました。これが当社のルーツです。
その後、笠原酒造店は笠原合名と改組され、昭和3年の道内酒造業の合併で、日本清酒(株)旭川支店となりました。大戦末期の昭和19年、政府の指導により、酒造業の企業整備があり日本清酒旭川工場が転廃に指定され、醤油醸造への転換がはかられました。そこで、キッコーマン株式会社、日本清酒株式会社両社の協力のもとに時代の要請に応えるために、現在の日本醤油工業株式会社が設立されたものであります。
設立後の当社は、すでに創業60年、当時の北海道の醤油事情の悪い時代から今日迄、時の流れと共に同業他社が次々と姿を消す中で、昔ながらの建物で脈々と醤油一筋に情熱を傾けて参りました。伝統の味を守りながら、優秀な醸造技術の導入と開発をはかり、品質管理と衛生管理の行きとどいた当社工場より、全製品が、全道の消費者の皆様に親しまれておりますキッコーニホンのマークで次々と出荷され、今日では旭川最古の醤油醸造業として頑張っております。

「日本醤油工業株式会社」HPより引用

大変勉強になります。旭川市で醤油が造られ、その醤油を使用したラーメンを食べているというのは、「地産地消」ですよね。醤油は、日本人には大切な調味料です。

そこで見つけたのが、「しょうゆキャンディー」の看板です。

旭川市 キッコーニホン しょうゆキャンディー 看板

店舗に入り、旭川の醤油の勉強してから、しょうゆキャンディーを購入しました。一本120円。他にも味(いちご等)もありましたが、店員さん曰く、「ミルク味の方が醤油の味を感じられる」ということで、醤油の味を楽しむことにしました。

旭川市 キッコーニホン しょうゆキャンディー
 
醤油味を感じることのできるミルクは、確かにほんのりと醤油の味がしました。サッパリとした味です。
暑い日が続くので、このキャンディーが美味しく食べられる季節だと思います。

日本醤油工業株式会社 (キッコーニホン)
住所:北海道旭川市曙一条1-302
電話:0800-800-7772
営業時間:6月16日(木)~10月31日(月)まで、10:00~18:00とします。
その他の期間は9:00~16:00
定休日:無休(年末年始・お盆のみ休み)
 

 
良かったらランキングにご協力下さい。
にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク




スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする