2018年04月一覧

【香川県高松市】池上製麺所「かけうどんと天ぷらとおでん」製麺所で食べるうどんの味

香川県にいて、お昼も食べるものといえば「うどん」しかないでしょう。しばらく食べなくてもいいように、できればこの地のうどんを食べていきたいと感じておりました。高松市内から少々遠方にある製麺所で食べるかけうどんをということで、池上製麺所に行くことにしました。

【香川県高松市】めりけんや高松駅前店「かけうどんと天ぷら」朝食はうどんからはじまる

香川県は「うどん県」と、主張するほどうどんをよく食べます。コシのあるうどんを安く食べられる香川県のうどんなのです。「朝・昼・晩の三食うどん食べている」というのも、まんざらウソではないのです。そのような人も多く見て来ておりました。当然、美味しいうどんやさんが多いのも事実です。製麺所兼店舗というのもあり、「うどん」という文化が濃い街であります。

【香川県高松市】洋食おなじみ「ポークチャップ・ハンバーグ」昔ながらの洋食屋さんです!

広島県から、四国に渡り高松市に入りました。夕食に「うどん」でもいいのですが、瓦町まで出て思い出の味を訪ねてみました。洋食なんですが、何回もここの味を思い出しました。琴電瓦町駅隣にある「おなじみ」という洋食屋さんです。

【広島県広島市】みっちゃん総本店八丁堀店「スペシャル・もやし炒め・ホルモン焼き」

いろいろと調べて行って見ましたが、定休日だったり、なぜかやっていなかったりとトラブルはつきものです。この日もそのようなことがあり、目当てのお店はことごとくやっていないということで、仕方がないので前日に行った「みっちゃん総本店八丁堀店」に行くことにしました。

【富山県富山市】白えび亭「白えび天丼と白えび刺身小皿」プリプリの白えびを楽しみました!

突然ですが、北陸、西日本方面に相方と旅することにしました。初めて富山県にお邪魔させてもらうことになりました。 金沢市には行ったことがありますが、富山県は初めてです。 北海道の新函館北斗駅から乗車し、大宮まで乗車し、北陸新幹線に乗り換えして、富山まで向かいます。

【鹿部町】まいど「たこ焼き・お好み焼とおでん」本場の大阪のたこ焼きの味を鹿部で味わえる!

たこ焼きの好みもあるようで、大阪、明石とありまして、明石焼きはまだ食べたことがありません。焼いてあるものだけが、たこ焼きと思っていた若い時は、四国にいた時に「揚げたこ焼き」というものを知りました。 通常に焼いたたこ焼きを温めるために油に入れて、温めるように揚げるものでした。当時はこれにハマリまして、機会をみては買いに行きました。北海道にはこのような代物はないようです。

【北斗市】らーめん韋駄天「韋駄天しょうゆと韋駄天ぎょうざ」独自の製法で製出したしょう油!

先日も「らーめん韋駄天」を紹介しましたが、今回は「韋駄天しょうゆ」の紹介です。 これで3食(味噌、塩、しょう油)を紹介できたので一安心です。「どれも美味しい」と書いてしまっているので、紹介しないわけにいかなくなったのです。でも本当に、どの味も美味しいのです。

【木古内町】石川屋「南ばんラーメン」体が温まるあんかけラーメン

木古内町は北海道新幹線の最初の駅で、開通後に大ブレイクしたことがいつも話題に挙がる町です。ここで何かを食べると言うと、以前の名物だった「急行」のやきそばでしたが、昨年の5月におかみさんが亡くなり、店は閉店となりました。 以前から私は、「急行」以外にも店を周り食べていたのが「石川屋」さんです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク