中華一覧

【八雲町】麺屋むすび「鶏白湯麺」鶏のうまみとコクのあるラーメン!

たまには冒険してみようと、ドライブの帰りに八雲町を通ったので、以前訪問したお店に行こうと思いました。名前が変わったことはいつも通る所なので気がつきておりましたが、なかなか訪問できない日々でした。こういうことも思いつきがないと行かないものですよね。

【新札幌】元祖海老そば 縁や「海老そば・味噌」エビの風味満載のラーメン!

昔ながらのラーメンを好む私は、札幌ラーメンはあまり好むものではありませんでした。それでも美味しいラーメンを求めて、食べにいくのですが期待はずれが多く、「もう札幌でラーメンを食べることもないだろう」と感じていた矢先、「一幻」に出会いました。そのえびの味を初めて世に出したと言われるラーメン店に行くことにしました。

【函館市】滋養軒「函館塩ラーメン」昔ながらの函館塩ラーメンを食べよう!

寒い時に食べる食べ物というと、温かいものという相場が決まっております。その中でも「ラーメン」という選択は、誰でも思いつく食べ物ではないかと思います。道南に住む者としては、ラーメンといえば「塩ラーメン」ということになります。古くから営業している馴染みのところが、ぞくぞくと営業を終了しています。函館駅前には、よほどの理由がなければ行くこともなくなりましたが、そういえば昔数回ほど行った塩ラーメンのお店を思い出しました。

【東京都千代田区】中華料理やまだ「肉野菜炒め定食」ボリュームがあり価格もリーズナブル!

いよいよ旅行も残す所わずかになりました。東京で何を食べればいいのかと悩みつつ、彷徨っていると疲れてしまいまして、どうにもいかなくなり、その時の夕食にいただいたのが今回紹介するお店でした。ここには行ったこともなく、単純にホテルの近くにあった定食屋さんでした。探したのは相方で、よく私の好みも理解してくれていました。

【北斗市】らーめん韋駄天「韋駄天しょうゆと韋駄天ぎょうざ」独自の製法で製出したしょう油!

先日も「らーめん韋駄天」を紹介しましたが、今回は「韋駄天しょうゆ」の紹介です。 これで3食(味噌、塩、しょう油)を紹介できたので一安心です。「どれも美味しい」と書いてしまっているので、紹介しないわけにいかなくなったのです。でも本当に、どの味も美味しいのです。

【木古内町】石川屋「南ばんラーメン」体が温まるあんかけラーメン

木古内町は北海道新幹線の最初の駅で、開通後に大ブレイクしたことがいつも話題に挙がる町です。ここで何かを食べると言うと、以前の名物だった「急行」のやきそばでしたが、昨年の5月におかみさんが亡くなり、店は閉店となりました。 以前から私は、「急行」以外にも店を周り食べていたのが「石川屋」さんです。

【小樽市】函館麺工房 小樽店「はこだて塩らーめん」

小樽まで用事があり、お昼に入り食べて来ました。小樽まで来ているにも関わらず、はこだての塩ラーメンなのかと疑問だろうと思います。現場に近くにあった長崎屋の地下に入りあったお店に入ったというのが現状でした。とにかく何か食べようということで、時間も迫っていたのもあり、ここにしようと思いました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク