北海道を中心としたランチや飲食店を食べ歩いたものを紹介するグルメ紀行です。

北海道食い道楽グルメ紀行

ランチ 北海道胆振地区

【室蘭市】天勝「天丼」創業98年・地元に愛されるお店

投稿日:2018年8月29日 更新日:

室蘭市と函館市の共通のところがあるのが、港町ということであるのと、造船の工場があるという点が挙げられます。
函館には「函館どつく」があり、室蘭市にも「函館どつく」工場があります。鉄の街と呼べれている「室蘭市」と函館とは何か縁のある街と思います。
食文化でも共通のものがあります。それは、

室蘭やきとり

です。道南でも焼き鳥というと

精肉(豚肉)

なのです。
室蘭やきとりは、甘辛のタレに付けられて、からしでいただくというスタイルです。函館は、塩、タレ(甘辛)でいただきます。有名なのが、函館出身アーティスト・GLAYも愛してやまないハセガワストアの「やきとり弁当」です。

創業98年の天勝へ

今回は道南との食文化の近い室蘭の地元の人が愛す味である、天勝さんの天丼をいただきに行きました。以前からうわさを聞いておりましたが、なかなか行くチャンスに恵まれませんでした。
大正九年創業で、今年で98年のお店です。

平成30年 室蘭市 天勝 外観

商店街にあるお店で、こういうお店が残っているというのも室蘭らしさを感じます。函館も同様に感じられるからです。

天丼(850円)を注文!

とりあえずは、定番の天丼から注文しようと目に入って来たのが、

特製天丼

これも気になりますが、訪問した時すでに完売しておりました。内容を聞くと、かき揚げ風になっているようで、野菜、海老が入っているようです。
とりあえず、オースドックスな通常の「天丼」からいただくことにしました。

平成30年 室蘭市 天勝 メニュー

この他にも魅力的なメニューが見えます。そばの方も魅力的ですね。次回に試して見たいと思います。

平成30年 室蘭市 天勝 天丼

さて運ばれて来た天丼の上蓋からはみ出ている状況です。ボリュームがありますね。

平成30年 室蘭市 天勝 天丼

海老4匹と、いかの天ぷらです。食べられるかな?と感じておりましたが、ペロリと食べてしまいます。天ぷら自体が脂っこくない天ぷらで、タレも丁度よく食欲が進みます。これは本当に食べやすい天丼です。もっというと、食べ飽きない天丼ですね。確かに長く好まれる理由はここにあるように感じます。

天勝
住所:北海道室蘭市中央町2丁目3-16
電話:0143-22-5564
営業時間:[平日] 11:00~18:00 [休日・祝日]11:00~18:30
定休日:木曜日
駐車場:有り(店舗近く)

良かったらランキングにご協力下さい。
にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

北海道室蘭市本町一丁目四十六番地 (幻冬舎文庫)
安田 顕
幻冬舎
売り上げランキング: 62,902
室蘭の記憶―写真で見る140年
北海道新聞社
売り上げランキング: 491,710

スポンサード

-ランチ, 北海道胆振地区
-,

Copyright© 北海道食い道楽グルメ紀行 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.