北海道を中心としたランチや飲食店を食べ歩いたものを紹介するグルメ紀行です。

北海道食い道楽グルメ紀行

中華 北海道石狩地区

【札幌市】中国料理 布袋「ザンギ定食」北海道でいう鶏の唐揚げです

投稿日:2017年4月27日 更新日:

正直、札幌と言えば「ラーメン」以外は浮かばないのですが、紹介されて行くとそれなり美味しい店に出会うもんだなと、思います。今回は、ザンギと麻婆豆腐が美味しいと言う、中国料理布袋に連れてってくれました。

札幌市 中国料理布袋 外観

場所は、札幌市中央区 南一条西9で、地下鉄「西11丁目駅」より徒歩で3〜5分くらいの所です。
街の中にポッとあるような、中国料理の定食屋さんっていうイメージです。

ザンギって何?

「ザンギ」というのは、特定の場所で呼ばれている「鶏の唐揚げ」の呼び名で、北海道で作られる魚介類(タコやイカなど)の唐揚げしたものを言うそうです。さまざまな調味料(醤油やしょうが、ニンニクなど)で濃厚な味付けをした唐揚げで、北海道釧路市の「鳥松」が発祥といわれています。

ザンギという名の由来を調べたら

あまり気にしてなかったことですが、いざ調べてみると、以下のことが出て来ました。

中国語で「鶏の唐揚げ」を意味する言葉「ザーギー(炸鶏)」、さらに「運がつくように」という意味から「ウン(ン)」が入って「ザンギ」と命名された・・・というのが発祥店(鳥松)のご主人による説。他にも、中国語の「炸子鶏(ジャーズージー)」が訛って「ザンギ」になったという説や、鶏肉を骨ごと切る(散切り)から「ザンギ」と名付けられたという説まで、さまざまな説が飛び交っています。
また、北海道が「ザンギ」なのに対し、愛媛県では「千斬切(せんざんき)」、東予地方でも「ざんき」と地域によって呼び名はさまざま。ちなみに、戦後の北海道には中国や満州からの引揚者が多くいたため、中国語の語源が多いことも頷けますよね?

鶏肉ランドより引用

てっきり、北海道弁かと思っていました(笑)それでもいろいろと説がありました。

ザンギ定食を注文

「ザンギ定食がおすすめ」と言われて来たので、小麻婆付きの「B」を注文しました。
札幌市 中国料理布袋 メニュー
マーボーメンというのも美味しいようです。そのために、小麻婆を入れて見ました。
店の中は、若いサラリーマンが多かった印象です。周りを見ると、ザンギ7個の定食を完食された人や、ご飯大盛りのザンギ定食を食べている方も・・・ガテン系も満足するお店なのです。
 
札幌市 中国料理布袋 ザンギ定食
 
ザンギが大きく3個もあり、かなりのボリュームです。
 

中国料理 布袋 (ホテイ)
◆住所:北海道札幌市中央区 南一条西 9-1
◆TEL:011-272-4050
◆営業時間 : 月・火・木・金 11:00~21:30(通し営業)
 [水] 11:00~14:00
 [土・祝] 11:00~21:00(通し営業)
◆定休日:日曜・第3土曜
◆交通手段
 地下鉄東西線「西11丁目駅」3番出口より徒歩約5分
 市電「西8丁目電停」徒歩約2分
 中央区役所前駅から166m

「ザンギの歌」というのを見つけましたので、掲載しておきます。これを聞くと、上記に記したことが練り込まれています。
インパクトがあるので、聞いた後に耳に付いてしまいますよ。聞いてみて下さい。北海道のスーパーの総菜コーナーで流れているようです。


 

 
良かったらランキングにご協力下さい。
にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
 

 

 

スポンサード

-中華, 北海道石狩地区
-, ,

Copyright© 北海道食い道楽グルメ紀行 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.